ししまるの鼻を触ってあげて❤️
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
778位
アクセスランキングを見る>>
ポチっと&ポチっとに大感謝!
FC2ランキングにも参加中!
プロフィール

shishimaru61

Author:shishimaru61
競馬歴はまだまだ20年。
スポーツとして、ギャンブルとして、そしてロマンとして。。。…
全ての面において競馬をこよなく愛するアラフォーです。
予想スタイルは基本的には分析
馬の基礎能力をラップ推移を含めた展開などからしっかり見極め、弱点の少ない軸馬を中心に基本的には3連系の買目に繋げます。
トリガミ覚悟の紐荒れ期待が基本なので、当て癖を付ける意味も込めて馬券は手広くが自分のスタイル。

やっぱりTSUTAYA
最新コメント

重賞サラッと展望

春のGIは一休み。
天皇賞春はキタサンブラックVSサトノダイヤモンドという現役最強馬2強の構図は揺るがないし、メンバーを見渡しても割って入れそうな馬は見当たらない。
京都だと極稀に人気薄の逃げ切りを見かけるけど、キタサンブラックの脚質と有馬記念でのサトノダイヤモンドのキタサン完全マークを見る限り、それは簡単ではないと思う。
基本的には力のある馬が順当に上位を占めるレース。波乱の目は小さいと思うので、なんとかそこに向けて今週はしっかりと当てて持ち出しなしで天皇賞春を迎えたいもんですね。
ま、そう簡単にはいかないのが競馬なんですが 笑

さて今週は3重賞。
まず土曜日には福島牝馬S
日曜日にはマイラーズCとフローラS





このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村へ行ってみよう

ブロトピ:競馬へ


ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



本当に結婚したいあなたへ

福島牝馬S、ここは素直にクインズミラーグロ。愛知杯で軸にした時は6番人気で結構美味しい馬券でしたが今回はおそらく1番人気。
ただ正直この馬しか軸に出来そうな馬が見当たらないのでまぁここから手広くで仕方ないかな。去年のシャルール的なポジション。
相手筆頭は1800に伸びて案外良さを出したウキヨノカゼ。GIでの3着や重賞2勝実績など、短距離の追込み馬っていうイメージが強いけど、距離を伸ばして前半ゆったり入る事でその良さが削がれなかったのはかなり魅力。相手関係的にも斤量差が小さくなるのは大きい。
頭まであると思う。
あとは鞍上次第←これが… 笑(微妙)

マイラーズCは展開が嵌りそうなプロディガルサンに期待。前々走はスロー過ぎてなんとも言えないけど、新馬以来のマイルで一応結果は出た。
今回もかなりのスローが予想されるので切れ味ではメンバー最上位のこの馬を信頼したいかな。
人気2頭のエアスピネルとイスラボニータは勿論強敵だけど、ある程度流れた中で仕掛けを待ってのちょいバテ差しが身上。展開的には取りこぼす可能性も十分あると見て馬券を組み立てたいかな。

最後にフローラS。
かなり難解なのでビルズトレジャーを狙いたい。
フローレスマジックが勝つのが一番自然なんだけど、正直2000の東京でとなると力関係は全くの未知。
3歳馬は成長も含めて読めない部分が多いので、個人的には人気の盲点かなと思うこの馬から入りたい。あまり後ろ過ぎなければ。
相手にはアドマイヤローザを厚めにと、展開的には楽に逃げられそうなタガノアスワドも押さえつつ、紐にフローレスマジックという感じかな。
まぁ難しいね、これは 笑

スポンサーサイト

歴史はそう簡単には変わらない

69年ぶりの牝馬制覇に期待のかかったファンディーナ。
4角で真っ向勝負に行っての力負け、完敗の7着。

負けはしたけどフラワーカップやその前に見せたパフォーマンスと目を疑うラップ推移は変わらない。
しっかりと立て直して次も頑張って欲しいな。

思いの外、高速馬場の適正と流れた時の適正が足りなかったなぁというのが率直な感想。
まぁこればっかりはやってみなきゃ分からんので仕方ないんだけどね。ロマンというか応援というか、少しそういった部分で舞い上がった予想だったなぁと、反省。
なんかあれですね、結構前の秋に彗星の如く現れたファインモーションが秋華賞、エリザベス女王杯と立て続けに圧勝して、有馬記念でさぁどうだ?って果敢に挑むも完敗の5着(?だったかな)って時と若干被りますね。
自分だけですかね、、、 笑

それにしても素晴らしいレースだった。ファンディーナが一旦先頭に立ってからの直線は本当に見応えのある鳥肌もののレース。馬券だけではないスポーツとしての素晴らしさを改めて感じた記憶に残るレース。
どうもありがとう。
それとまぁずーっと推してたクリンチャーも頑張っていたし、総合的に楽しいレースだったかな。

クラシック候補とは言われつつも、低レベルだと言われていた牡馬クラシック戦線の主力だったカデナやスワーヴリチャード、レイデオロ、アウトライアーズ、ウインブライトなどは馬券的には全滅。
それでも良馬場でパフォーマンスを上げてきたアルアインやペルシアンナイトが高速馬場で更にパフォーマンスを上げて、終わってみればなかなかのレベルで牝馬が割って入るのは簡単な事ではなかった。歴史はそう簡単には変わらないし動かない。
それでも真っ向勝負で挑んだファンディーナ。とてもかっこ良かった。

さて今年の皐月賞は終わりましたが、
ダービーはダービーでこれまた難しい一戦になりそうですよね。1・2着馬が距離不安ってのがまず難しいし、今回は惨敗でも距離が伸びて東京でとなると必ずパフォーマンスを上げてくる馬もいるので力関係がまた難しい。

それはまたじっくり考えることにしましょう。



皐月賞2017 予想

土曜日の傾向を見て皆様もお気付きの通り、馬場が 笑
こうも変えてくるかー。。例年以上の変貌ぶり。

週中の印と結構変える、というか想定していた馬場と随分違うので変えざるを得ないかな。
では早速予想を。





このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村へ行ってみよう

ブロトピ:競馬へ


ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



本当に結婚したいあなたへ

◎08 ファンディーナ
◯06 アウトライアーズ
▲07 ペルシアンナイト
△04 カデナ
△09 プラチナヴォイス
△11 アルアイン
X17 ウインブライト
X16 クリンチャー
X02 スワーヴリチャード
X13 サトノアレス

馬券的にはファンディーナと心中。
3連複1頭軸がいいかな。ガミリ目はいつも通り気にせず、この感じで人気決着なら仕方なしと割り切る。

ずっと推していたクリンチャーはこの馬場で少し評価を下げた。正直厳しくなったなぁという印象だけど、穴馬で推していた馬だけに切るに切れないというのが本音 笑

ウインブライトも下げた。前が止まりにくいので後ろから行く馬は軒並みキツい。いくら上がりが早くても、前にいるであろうファンディーナにそれなりの上がりを使われてはまず届かない。そういう部分ではアウトライアーズとペルシアンナイトは鞍上が積極的なのと、高速馬場で明確にパフォーマンスを上げて来そうなので評価を上げた感じ。

プラチナヴォイスとアルアインはかなり不気味な存在に。プラチナヴォイスは刺さりながらではあるけど流れても引き出せる一瞬の脚が魅力。
アルアインは前目からも早い上がりが使えるというのは今日の馬場では単純に脅威。

スワーヴリチャードは枠的にもスタートが下手な差し馬なので消したかったんだけど、共同通信杯ローテという事で一応差込みに警戒をして押さえに。

サトノアレスは無印からの押さえ。
1周コースはU字コースより明確にパフォーマンスを落とすとは思うんだけど、何度も言うけどこの高速馬場で浮上。朝日杯の切れ味を舐めてはいかんレベルの馬場になったなと。理想的なローテですしね。

弥生賞の本命だったカデナはおそらくいつも通りの外を回って〜という競馬になるだろうから展開次第では不発、最後猛追しても掲示板から3.4着辺りが限界かなと思う。器用な馬ではないので、内をロスなく回りながら加速しつつというよりは、ロス覚悟で遠心力で勢いをつけて外をと考えるだろうから、、やっぱりちょっと厳しいかなと。

という訳で難解ですがめちゃくちゃ楽しみです。

おそらく、ファンディーナが勝つでしょう。
69年ぶり?見て見たいな、そんな瞬間。
この世代、ずーっと”おとこーがんばれー”って言ってきた自分を信じて。
レース後にもう一度、おとこーがんばれーと言おうかな。

皐月賞2017 サラッと展望

今週はなんとも忙しい💦
結構競馬どろこじゃないんだけど、クラシックだしそれとなくでも備忘録として残しておこうと 笑

牡馬も牝馬同様これまで結構見ていて、それなりには力関係を把握はしてきたつもりの中でいざ皐月賞の出走メンバーを見渡した時に、、、
こりゃ難解だと。。。笑
中山2000フルゲートなので枠の並びも勿論いつも以上に重要。ペースもスローだったりハイだったり極端に振れるので読みにくい、ペース適正の幅の広さや器用さの問われる一戦。最終週で極端なトップスピード戦にはならないと思うので、総合力を重視。
トップスピードがSSランクの馬よりは全パラメータがAランクの馬を狙いたいところ。

そんな中で枠も決まったので改めて分析し印を付けてみた。





このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村へ行ってみよう

ブロトピ:競馬へ


ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



本当に結婚したいあなたへ

◎17 ウインブライト
◯08 ファンディーナ
▲16 クリンチャー
△06 アウトライアーズ
△07 ペルシアンナイト
△11 アルアイン
▽02 スワーヴリチャード
▽04 カデナ

とりあえず8頭印を回すならこうかな。

ウインブライトは後ろから行く馬の中では、ロスを覚悟でも1番早く動いて行けると思うのでバテない魅力ある持続力、ポテンシャルの高さを発揮出来れば勝ち負けかなと。捲って、直線入口では6〜7番手辺りに来ていて欲しい。松岡騎手にはウインブライトを信じて早めに動いてもらいたい。

ファンディーナはフラワーカップと同じ様な競馬をすると思うし、それが出来そうな枠も良い。
外からアダムバローズ、クリンチャー、トラスト辺りが切り込んで来るのを見ながら好位をキープ。
この馬はフラワーカップでの直線突き放しに目が行きがちだけど、本当に凄いのは4コーナーでの一気の加速。
あの出し抜きは並みの馬には出来ないし、皐月賞の中山2000多頭数を考えればかなりの武器になる。
人気でも仕方なし。

クリンチャーは大穴。
随分前の記事に出走出来れば狙いたいと書きました。
2000は若干短い感が否めないけど、すみれステークスのレースぶりを見た時、トライアル含む王道路線組とも勝負になるのでは?と素直に思った。時計も優秀。この馬は前目からしぶとい脚を持っているので直線序盤でファンディーナと共に出し抜きたい。

スワーヴリチャードとカデナは末脚魅力も、出し切れる可能性が低く押さえまで。

レーヌミノル、恐れ入りましたm(_ _)m

まずアドマイヤミヤビ。色んな原因があるにしても、2桁敗北は戦前には想像出来なかったかな。1番はまず馬場。ソウルスターリングも伸びあぐねた中でレーヌミノルとリスグラシューはパフォーマンスを維持出来ていた、相対的にパフォーマンスが上がったと言う事。にしてもアドマイヤミヤビはちょっと負け過ぎかなぁ。状態も良くなかったと思うけど、良馬場専用という見方で良いのか、クイーンカップからは明確に全ての面で落としてしまったので今の所はそう考えるのが妥当なのかなぁ。
馬場を考えればそれなりに厳しい流れだったとは思うけど、3角での行きっぷりも良くなかった。ラニ以上にズブいというか動きが重かった。右回りもイマイチで、アエロリットと併せて直線序盤は何とかそれなりに抵抗も坂の手前でもう余力なしと。。。

競馬は本当に難しい。
対応出来るペースの幅やギアの上げ下げ、トップスピードの絶対数や持続力。馬場適性の幅。これだけでは勿論ないけど、露骨に脆さを見せる特化型よりは総合的に隙の少ない総合力タイプの方が真に強い馬と言えるのかもしれない。

今回マイルの舞台の中でもう流石に勝負付けが終わった善戦馬と思われたレーヌミノルが16頭をねじ伏せられたのは総合力が成せる技。
厳しい流れを前目で追走、楽な手応えで直線。馬場も苦にせずそこから二の脚三の脚を引き出してくるんだからお見事というしかない。振り返ればレーヌミノルは逃げたり差したりと操縦性も高い。勝ち切れなかった中でもその時の環境関係なく、いつも自身の力は発揮していた。

ただまぁ特に若駒の場合、走ってみなきゃというのが絶対的に多いし血統的に〜というのもほぼアテにはならない。後付けならいくらでも出来るけどね。

20年程競馬と向き合ってるけど、本当に毎週勉強させられる 笑

因みに馬券的には、リス、ミノル、ソウル順の3連単は持ってたのでちょっと悔しいかな 笑
レーヌミノルの頭は買えなかった。
恐れ入りましたm(_ _)m

最後に、、滅多にこんな事は言わないし鞍上込みで予想はしてるから勿論自己責任なんだけど、アエロリット典さん。あの位置取りはないわ。ハイペースでも前目から脚を引き出せる馬にさせる競馬じゃないよ。よく5着に来たってもんだ。
期待していただけに残念。





このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村へ行ってみよう

ブロトピ:競馬へ


ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



本当に結婚したいあなたへ